タクシー無線 トップページ > タクシー無線について

タクシー無線について

タクシー無線機は「音声通話」による配車先への最適なタクシー車両の誘導手段として活用されてきました。やがて、タクシー車両の増加に伴いアナログ無線で利用されてきた周波数はチャンネル間隔のナロー化を経て、ナローFMの半分の帯域幅で高速・多機能化を実現しました。「音声通話」以外での位置情報や動態情報の取得などタクシー無線は円滑な業務支援を行います。

周波数について
周波数について

タクシー無線はアナログ方式の音声通話から始まりました。やがてタクシー規制緩和以後から周波数が不足し周波数の効率化を目指したデジタル無線化が始まります。

詳しくはこちら

タクシー無線の免許

タクシー無線は一般業務用無線のひとつです。タクシー無線の利用に際しては、「第三級陸上特殊無線技士」以上の免許保有者がいなければなりません。

詳しくはこちら

タクシー無線の仕組み

タクシー無線機の仕組みはタクシードライバーとオペレーターによる「通話」主体の配車業務から様々なデータを取り扱える仕組みへ発展しました。

詳しくはこちら

タクシーGPSコードとは

タクシーGPSコードは目的地の住所をコード化したもので、コードを入力することでGPSと連動したシステムがドライバーを目的地までナビゲートする事ができます。

詳しくはこちら

配車業務とは

配車業務はオペレーターがタクシー利用者に最適な車両を手配する事が主な内容です。道路状況に応じた効率的かつ迅速な配車が配車業務の最大のテーマとなります。

詳しくはこちら

総務省推進の無線

総務省は平成15年より電波法基準改正を皮切りにタクシー無線のデジタル化の方針を打ちたてました。同年より、クシー無線のデジタル化は増えつつあります。

詳しくはこちら

お問い合わせ
会社情報

Copyright (C) 2012 田中電気株式会社 All rights reserved.