タクシー無線 トップページ > 様々な活用シーン

様々な活用シーン

タクシー無線機の機能に沿った活用シーンを紹介します。タクシー無線機はGPS、CTI(PCと電話回線の統合技術)などの活用により様々なニーズに合わせた配車システム構築が可能です。

動態管理システム
動態管理システムはタクシーの稼働率を把握するうえで重要な業務支援ツールとなります。各車両の位置や運行状況に合わせた効率的な配車業務を遂行できます。売上を左右するだけではなく、タクシーを利用されるお客さまに対する迅速なサービス 向上にも繋がります。

詳しくはこちら

動態管理システム
自動配車システム
タクシー無線をシステムとして活用すると、タクシー利用者へ様々なサービスを提案することが可能になります。「自動配車システム」はより迅速な対応で、タクシー利用者の待ち時間の煩わしさを解消する代表的なサービスといえます。

詳しくはこちら

自動配車システム
タクシー無線のデジタル化
タクシー無線のデジタル化は総務省により2003年から制度化され、アナログからの切り替えが必須となっています。タクシー 無線のデジタル化は伝送速度の高速化をはじめ、大幅なデータ通信量のアップが最大の利点です。

詳しくはこちら

タクシー無線のデジタル化
お問い合わせ 会社情報
Copyright (C) 2012 田中電気株式会社 All rights reserved.