タクシー無線 トップページ > 導入のメリット > 配車業務の効率化

配車業務の効率化

配車業務の効率化はタクシー無線システムを駆使したオペレーター(配車係)とタクシードライバーの連携が要です。
また、配車業務の効率化はタクシー利用者へのスピーディーな車両手配だけではなく営業業績を向上にも繋がります。
運行管理の充実化
タクシー無線はデジタル化された事により、従来の4倍もの情報伝送量で様々なシステムを構築しました。「CTI」と「GPS-AVM」を駆使したタクシー利用者への最適な車両の手配も自動化されつつあります。タクシー無線システムを活用すれば、運行
管理に必要な情報を取得する事も可能です。

車両位置情報の通報

GPS機能は車両の位置情報を通報する事もできます。タクシー車両の窃盗など万一のトラブル発生時には迅速に車両位置を把握する事ができます。

一定数を越えた車両管理への有用性
一定数を越えたタクシー車両への配車業務ではタクシードライバーの業務環境を多岐にわたり整えなければなりません。タクシー無線はシステムの構築によって車両管理に必要な様々な情報を取得できます。
  • メーター情報
  • 稼働車両の収益性の確認ができます。
  • タクシーPOS
  • タクシー利用者の乗車が増えている箇所が把握できます。
  • 安全管理
  • 速度・ブレーキなどの運行記録を記録する事ができます。
お問い合わせ
会社情報

Copyright (C) 2012 田中電気株式会社 All rights reserved.