タクシー無線 トップページ > タクシー無線について > 配車業務とは

配車業務とは

配車業務はタクシー無線を通したオペレーター(配車係)とドライバーによって成り立ちます。配車業務はオペレーターがタクシー利用者の要望を確認し、最適なドライバーを手配する事が主な内容です。
走行中のタクシー車両の位置を把握し、道路状況に応じた効率的かつ迅速な配車が配車業務の最大のテーマとなります。
また、配車業務は従来のAVM-GPS方式のほかインターネットを利用したスマートフォンのアプリなどに対応しはじめ需要の幅が広がりつつあります。

無線配車の割合

タクシーの営業はドライバーが営業圏内を回送して利用者を待つ「流し営業」と、タクシー利用者から連絡を受けたオペレーターによる「無線配車」に分けられます。配車業務は「無線配車」にあたり、「流し営業」とどちらが割合が多いかはタクシー会社の規模や営業圏の地域性に大きく左右されます。
人口が過密する大都市部は一定数のタクシー利用者を期待できるため、「流し営業」によるタクシー利用者獲得が大きな割合を占める傾向があります。それに対して地方都市は大都市部と比べ人口が少なく「無線配車」によるタクシー利用者の割合が多いようです。

配車業務のポイント

タクシー無線はAVM-GPSなど各種のアプリケーションと組み合わせたシステムによって誰にでも簡単な操作で正確かつ迅速な配車業務を可能にします。配車業務はこれらの無線システムを駆使した効果的な運用が求められます。

地図情報の把握

配車業務はタクシー利用者の居場所と目的地までの道のりを把握することが重要です。地名や通りの交通状況の特徴などを覚えておくと、ドライバーへの指示が明確になりスムーズな配車業務が可能となります。

タクシー車両の把握

配車業務はタクシー利用者に最も近い車両を手配するだけではなく、タクシーの活動状況を把握する事も重要です。時間や場所に応じてタクシー利用者の動向を予測して、乗車が見込まれる場所に配車する事が可能となります。

また、地域性とは別に配車業務に大きな変化をもたらすと予想されるのが、スマートフォンのアプリです。現在、スマートフォンの普及によりアプリを通したタクシー配車が注目を浴びつつあります。
アプリによるタクシー配車はタクシー利用者自身が現在地からタクシーの配車を簡単に確定できる事が大きな特徴です。

お問い合わせ
会社情報

Copyright (C) 2012 田中電気株式会社 All rights reserved.